セブンイレブンで糖質制限ダイエット

セブンイレブンで糖質制限ダイエット

スポンサーリンク

さて、私の自宅の最寄りのコンビニがセブンイレブンであり、糖質制限ダイエットをしてる私としては比較的食事はセブンイレブンで買う可能性が高い。

なので、糖質制限ダイエットをしている人は私同様昼食に何を食べるか考えてしまう可能性がある。

そこで私自身に向けたものと含めて、セブンイレブンで糖質制限をしながら食事を摂るのには何が向ているかを記載していきたい。

セブンイレブンで低糖質の食品

さて、早速私がセブンイレブンで低糖質だと思う食品を上げていきたいと思う。

糖質15g未満の食品を低糖質として扱おうと思う。

まず、夕飯か昼食か朝食かで迷うところだけれども、夕食は一番糖質が脂肪に変わりやすい時間帯なので特に糖質に注意したい。

当然糖質をカットしているので、おにぎり、サンドイッチ、お寿司、お弁当、そば、うどん、中華麺、スパゲティ、パスタ、グラタン、ドリア、パンはNGだ。

肉まんとスイーツとドーナッツも当然NGだし、スナック菓子などチョコなども当然NG

基本的にはお惣菜やサラダやおでんを食べることになる。

これを記載している2019年1月6日現在で販売中の商品で低糖質ダイエットに向いている物をアップしよう。

まずは鍋シリーズのこれ

ねぎ鍋

炭水化物(糖質と食物繊維の合計)は9.8gになる。

スープが糖質なのと野菜の炭水化物が多いのでかなりの低糖質食品

実質糖質だけで言えば9g未満なんじゃないだろうか。

こちらのキムチ鍋は炭水化物14.6gとちょっと多め

野菜があって15g未満なので許容範囲だとは思うが、糖質制限する鍋類の中ではちょっと糖質多めかもしれない。

こちらの鶏団子鍋の糖質は12.1g

やはり葱鍋には敵わないが、このあたりは許容範囲

そしてこれも食べ応えある割には低糖質

野菜の摂れるちゃんぽんスープ

炭水化物は約12g

野菜が多いので糖質はもっと少ないはず。

こちらのポン酢で食べるぶたしゃぶは糖質が低くこれもおススメだ。

もやしの分があるので、炭水化物は7gだが、糖質はもっと低いはず。

こちらのきくらげも炭水化物10g程度

野菜があまりないのでほぼほぼ糖質になるが10gであれば許容範囲

こちらの麻婆豆腐も糖質が10g程度

糖質カットには向いている。

一応、これは販売されているか不明だが・・・・

こちらは炭水化物が4.7g

ほうれん草が多いので実質の糖質は大分少ない。

ピリ辛もつ煮込みも良い。

これも糖質7.6gで少なめなので悪くはない。

あと、これもかなりおススメだ。

ゆで卵はかなり糖質カットに向いている。

マヨネーズも糖質が100gで0.1gと少ないのでこのゆで卵が糖質1個0.6g

マヨネーズをたっぷり食べても糖質1gくらいなので、空腹感があるときはこれがお勧めだ。

もちろんこれも最強

やはりサラダチキン

これは1個で糖質1.15g

ゆで卵とこれくらいならいくら食べても太らずに済むだろう。

後はこれなんかもおススメだ

一風堂のとんこつ豆腐スープは炭水化物5g

食べ応えがある割には太らない。

一応ギリギリでこの辺も・・・・

ビックフランクフルトは炭水化物7g・・・

ケチャップとマスタードが2gなので、両方で9gの糖質と考えておけばいい。

後はスナックコーナーの焼き鳥は糖質が低い。これはタレでもそれほど糖質が高くないのでお勧めだ。

また、おでんは全般的に糖質が低い。

練り物やジャガイモでなければ大体大丈夫。

大根や蒟蒻、昆布や牛筋なんか狙い目かもしれない。

缶詰の糖質を確認してもいいかもしれない。

あとは、烏賊類は糖質が低い。

随時追記していく予定だが、低糖質のセブンイレブンの食品は現状ではこんなもの。

総菜コーナーにも焼き鳥の盛り合わせがいいかと思うけれども、これは焼き鳥だけなのに何故か炭水化物が20g近くあるのでNG

餃子は餃子の皮の糖質が高く、40gもあるのでNGだ。

ブリトーなども炭水化物なのでこれもNG

ハンバーグもつなぎで使っている炭水化物で炭水化物が20g以上あるので低だから大丈夫と思いきやNGだ

ブログ村

↓応援クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

毎日摂取

私N島が3か月で20kg落とした方法をまとめる。
糖質制限が一番効果的だと個人的には思うけれども、他も組み合わせることで3か月で20kgという数値を落とせたこともある。
ただし、最初の2週間くらいはまるで変わらないが、2週間続けたところから一気に変わる。
私の場合は毎日1kgずつ体重が落ちていった。
その状態を再現するために、再度私がやったことをまとめておく
1、炭水化物の食事を摂らない。(ごはん、ラーメン、蕎麦、うどん、コーンフレーク、芋、ジャガイモ、ポテト、とうもろこし、果物を避ける)
2、代謝を落とさないためたんぱく質を摂る。(赤肉、ホエイプロテイン、豆腐、納豆等)
3、主食は野菜炒めか焼肉、魚、焼き鳥、チキン、卵
4、18時までに食事を終える。(遅くとも20時まで。22時以降に糖質を摂らない)
5、食事の前にナイシトールを飲み、黒烏龍茶かヘルシアで食事を摂る
6、水をなるべく多く飲む。(1~2L)
7、リポD2000などでタウリンを摂取し内臓脂肪を落とす。(個人的には腸の状態をよくするためにもR-1の低糖質はおススメ)
8、ビールは飲まない、飲んでも緑茶ハイかハイボール(糖質のない割物にするように注意)
9、必ず食事前に運動をし、脚の筋肉をつけて代謝を上げる運動を週2回行う。(急坂を30分以上週2回歩く)
10、食べる順番に気にする。必ず野菜からゆっくりと沢山噛んで食べる。(早食いをしない)
11、空腹を我慢しない(空腹感じたらすぐに食べる、ただし糖質0のもの)
12、毎日体重を計量する(レコーディングダイエットと同様)
上記を一か月も続ければ5kgは落ちているだろう。
私は3か月で20kg落とした。
ただやりすぎると脳内に糖質が足りなくなり、立ち眩みや記憶障害みたいになるので注意が必要だ。
そうなったら、1日チートデイと称して逆に糖質を過剰摂取し、身体を省エネモードから浪費モードに戻そう。
大体3~4週間に1度のイメージでチートデイを作るといいかもしれない。
より効果を狙うならチートデイも日中だけにしよう。
夜の22時以降は糖質が脂肪に変換しやすくなるので。
最初はつらいが2週間もすれば慣れるし、野菜炒めを主食にすることに苦痛を感じなくなる。
2週間後あたりから毎日のように体重が落ちるので目に見えて成果が出て楽しくなると思うのだ。
本気で痩せたいなら是非実践して欲しい。
また、随時追記があれば更新していきたい。
ダイエット向けにN島が毎日摂取目指しています

【第2類医薬品】ナイシトールZ 315錠

新品価格
¥3,977から
(2019/8/31 15:33時点)

リンク




N島の競馬ブログ

N島の競馬ブログ

競馬で回収率100%超えの競馬ブログ、宇宙一ツイているN島の大勝負!!応援よろしくお願いいたします。
N島の副業支援ブログ

N島があなたの副業開始を支援いたします

老後2000万円不足問題解決のためサラリーマンの副業開始を無料相談いたします

シェアする

フォローする

ダイエット食品